IT時代に是非知っておきたい知識|IT知識WIKI

企業間のビジネス

IT時代に伴い、様々なビジネスがITを活用した形で営まれてきています。
特にWEB業界ではインターネットを利用し多くの企業が複雑なネットワークで繋がっている現状があります。
企業にも営む形態が異なっており、企業同士の形もあれば企業と消費者との形で営んでいる形もあり、前者をB-TO-B後者をB-TO-Cと言います。
B-TO-Bの特徴は企業間でのビジネスであり、一度契約すると取引先として変更しにくい特徴があります。
この特徴こそB-TO-B企業が安定していると言われ、就職先としても人気のある理由です。
B-TO-Bは企業間でのビジネスなためIT技術が必要不可欠になってきます。
IT時代に突入した90年代頃からB-TO-Bのビジネスモデルは発展し、現代ではこのB-TO-B企業も様々なタイプが存在します。

B-TO-B企業においてIT技術が必要不可欠なのは、量が求められるからです。
時には万単位の納期をしなければならないときもあり、インターネットに繋がっていないと難しいという現実があります。
そのためB-TO-B企業とIT技術は常に共に進化を続け、時代とともに通信のやり取りも異なってきました。
初期の頃といえばFAXが主な通信手段でした。FAXは電話回線さえつなげておければ可能で、長年FAXが活用されてきました。
現在ではもっぱらインターネット回線で情報のやり取りが行われており、ファイル単位でのやりとりが可能になっています。
B-TO-Bは企業間のビジネスであり、企業によってフォーマットが異なるという特徴があります。
この特徴はB-TO-Bをソフトウェアを使用して行うときには非常に厄介で、この厄介さを解決するためにXMLという技術が使われています。
XMLは共通言語といわれ、企業がB-TO-Bに使用するシステムの差異を吸収する為に開発されました。
XMLはB-TO-Bを行うためには無くてはならないものであり、IT技術が必須というのはこの側面もあります。

関連リンク

HDDの復旧の注意

外付けハードディスクが故障したときは故障原因がソフトウェア的な原因であれば、専用ソフトを利用してデータの復旧が可能です。業者に依頼する方法では高い確率で復旧ができ、物理的な故障でも対応してくれます。

詳細を確認する

回復させよう

今の時代pcを所持している方は沢山います。沢山のデータが保存されていますが、なんらかの原因で破損してしまうことがあります。そういった時はデータ復旧をしてくれる業者を頼ると良いです。

詳細を確認する

管理を任せる

データセンターでは沢山のデータを管理してくれます。データセンターに管理を任せることで、情報の流出などがないように対策をとることが出来ます。徹底した管理が会社を守ります。

詳細を確認する

システムについて

製造業向けERPは数百万円以上することもあり、導入できる企業も少なかったです。しかし、近年はクラウド技術があり数万円で導入することも出来るようになりました。中小企業でもお気軽に利用出来ます。

詳細を確認する

↑ PAGE TOP